>>携帯小説

携帯小説純愛を読む

日記、掲示板、ブログでも話題の携帯 小説 魔法 iらんど 図書館で読むに相応しい小説が、「純愛」です。

純愛は2007年1月13日に、スターツ出版から書籍化され、20万部を突破したという超人気小説です。コミック化されるかも・・。

携帯小説 純愛の作者の稲森遥香さんは、主婦でありながら夜中にこの純愛を書いたそうです。

今では、旦那、息子に恵まれた幸せな家庭を築いていますが、昔の恋が忘れられずにこの純愛を書いたのでしょうか。


純愛

「人を好きになるって事 その人を想って流す涙 切ないって気持ち 愛って意味なにひとつ知らなかった私に あなたはすべてを教えてくれたよね・・・」

「あなたとの思い出は・・・10年経った今でも色褪せる事なく 私の心に鮮やかに残ってるよ・・・」


★目次★

プロローグ
第1章 出会い・・・それは始まり
第2章 新しい友達 仲間
第3章 動き始めた恋心
第4章 恋する気持ち
第5章 止められない恋心
第6章 束の間の幸せ
第7章 想いを・・・
第8章 突然の別れ・・・
第9章 お願い・・・もう1度だけ


★あらすじ

中学3年生の遥香は、転校先の新しい中学校で龍也と出会い、初めて恋心を覚えるのだった。

想いが通じてつき合い始めてみるものの、龍也には忘れられない人がいることを知る。

別れたり付き合ったりを繰りかえす二人。ようやくお互い本当に大切な人に気づいたのだけれど・・・。

そして、衝撃的な運命が二人を待っているのでした。


この携帯小説 純愛で稲森遥香さんが読者に本当に伝えたいことは、

「後悔だけはして欲しくない。本当に大切なものを見失わないように・・・」と言うことのようです。

これは、携帯 小説 魔法 iらんど 図書館や本の純愛をよく読むとシミジミと伝わってくるのかもしれませんね。

ぜひ純愛を読むことをお勧めします!